FC2ブログ

Is there the close friend? second

中学生の「戦場の絆」日記をお楽しみください!

無事でした!

前回に連続Dを取っていたので今日はとても大事ですよね~!

結果は無事軍曹を維持できました。

プレイヤー×3とバンナム×1

1戦目 陸ガン B 青1


あまり装甲を薄くしてもいけないな…と思ったので青1でした。

前回のような編成ではありませんでしたがぼろ負けでした…orz
今日やってさらに3連撃がしたいな…と改めて思いました。

連撃さえできればあそこはいただいたのにw

そしてまたまたピラミッド付近で3対1の状況になってしまった…。
ピラミッドに隠れようとしましたが見事に落とされてしまいました。
マップをしっかり見ていない証拠なんですよね。


2戦目 ストライカー A 青1

またまた青1で。
伍長のギャンにぼこぼこにされました…。
ビルに間に逃げ込もうとしましたけど追いつかれた…。

ターミナルで見ましたが連邦よりジオン方がまとまっていてカットをし合っていました。
zgmf88stomoもギャン2機にぼこぼこにされていたのでカットしようとしましたがそんなときに弾切れになっていました《すまない》
ちゃんと打ち切りをしなくてはいけませんね。


スポンサーサイト




戦場の絆の努力 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<悩んでます… | HOME | ついに水曜日に伍長か?>>

この記事のコメント

結城れん☆ゆとり大佐さん〉連邦で言う陸ガンですかね!?

機動を重視して避けるのをうまくならないとすぐに落とされてしまうんですよね…。
それも修行の一つですよね!

失敗をして経験を積むってやつですよね!
フェイントはあまり知らないのがzgmfx88stomoですよ!
あまりいろんな動画を見てもどれがフェイントなのかが分からないんです…orz

きちんと冷静になってレーダーも見るべきですよね!
2008-08-26 Tue 00:32 | URL | zgmfx88stomo [ 編集]
えびはらさん〉射撃戦に徹したら自然と被弾数も減りますもんね。

BSG・AだけでBを取るなんて…。
陸ガンでC,Dを取っているzgmfx88stomoはなんなんだぁー…orz

やっぱり障害物を利用してジャンプしてロック!って戦法なんですよね!?
2008-08-26 Tue 00:25 | URL | zgmfx88stomo [ 編集]
ふぉるごれ中佐さん〉それが相手にいたんですよ…タンク。
MS戦の時にあまり相手の拠点付近で戦いたくないのがzgmfx88stomoの気持ちです。
しかし《もどれ》と打ってもあまり《了解》の合図が来ないのが現実なんですよね…。

zgmfx88stomoはキャンプをして悪い思い出がまだありませんのでできるだけ引き付けたいのですが大体真ん中ぐらいで戦ってるんですよね、毎回。

味方との連絡の仕方でどこら辺で戦うかが決まってくるはずですなのでまずは周りとの連帯が大事ですね、やっぱり。
2008-08-26 Tue 00:20 | URL | zgmfx88stomo [ 編集]
上手い人が使うとほんとコワス(>_<。)

階級が上がるごとに相手も機動重視のセッティングになって、近だと余計にフワジャン勝負とか早くたどり着かないとまずぃ場面がいっぱいでてくるから青4で慣れておくのもいいょww

囲まれた時も、無敵をめいっぱい使ってみたりフェイント使ったり色々試して、生存率を上げる練習にもなるし無駄なことはないぉ(・∀・)

もち、レーダー見れるようになるのが1番だけど(笑)
2008-08-25 Mon 01:13 | URL | 結城れん☆ゆとり大佐 [ 編集]
 ジムを使って射撃戦に徹してみるといいと思います、格闘戦に頼らず周囲索敵を心がけるとスコアは自然と伸びます・・・撃破されることも減りますしね。
 BSG・AオンリーでもBは取れるぞと思うえびはらでした、慣れるとタイマンでは負けませんこれでゲルググ3機仕留めてSをとりましたしね。
2008-08-21 Thu 20:32 | URL | えびはら [ 編集]
33ってことはタンク無しになるよね。
MS戦のときにどちらの拠点側で戦うかってのは結構重要で、
相手を先に1機落しちゃえば【もどれ】でキャンプするのは定跡。
その方が落ち戻りの合流が早く、回復もしやすい。

敵にタンク(拠点用の中狙)がいない場合、敵を引きつけて戦うと有利になる。

1vs3になるのはレーダーの他にもそういう影響もあるかもしれない。
2008-08-21 Thu 14:54 | URL | ふぉるごれ中佐 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |